「就職内定術」(最強の就職マニュアル)




src="./org_img/org_img_10.jpg" width="750" height="615" />

沢山の就活生の中から、あなたにお会いできたことをうれしく思います。

これから新たに就職活動を始められる方はこの「就職内定術」一本で大丈夫です。

また、これまで就活に努力してこられた結果、万一、その結果がおもわしくなかったとしたらこれまでの方法や行動に大いに反省が必要だと思います。

採用者側は大勢の志望者のなかから少数の人間を選びます。

「心の入っていない動機」や「ウソ、作り話」やはすぐに見抜かれています。

自分を見失ったまま就活していませんか?

        ↓

就活の圧倒的なノウハウ!トップMBA式就職内定術(面接マニュアルつき)



就活の圧倒的なノウハウ!トップMBA式就職内定術


がんばりがなければ、成功しませんが、努力やがんばりも「原理原則」に基づいたものが必要です。

この「就職内定術」はここに焦点をあてて、著者自身が多くの企業採用者との面会と数百人人の就活生が成果を出してきた効果が実証されたプログラムです。

「何をどうしたら受かり、何をしたら落ちるか」を明確にしてその対応策をアドバイスしてます。

選考は当然落とすためにやっていて、落ちるのは多数派、ごく一部の人だけが「選ばれて」合格できます。

だから、多数派に行かないためにも>差別化する必要があります。

みんな読んでる就活本を鵜呑みにして実践し、みんなと同じような方法を使ったら落ちるのは当然です。

倍率100倍の企業で皆と同じ事をしていたら、不合格の99人側に入るのは明白です。
多数派のその他大勢=不合格者になってしまいます。

だから、「差別化」が重要なのです。

「他の人と同じでいい」という考えを捨て去り、明確に分かる違いを打ち出した時、あなたは企業から必要な存在だと思われるようになるのです。


そして、もう1つ落ちる人が持つ致命的な欠点があります。

それが、「感覚がズレている」ということです。

落ちてしまうには当然「原因」があります。

企業には明確な選考基準があって、その基準に従って合否を判断しているのですから。

ですが、落ち続ける人は

「自分のどこが悪いのか?」「どこをどう改善したら良いのか?」

が全く分かっていません。

「最も効果的で簡単に内定をとる秘訣」を学んでください。

この「就職内定術」は内定をとることという表面的な結果だけを求めていません。
あなたが心から楽しめる仕事、才能を活かせる仕事に就き自分らしく生きるための道しるべです。



先輩の受講生の感想を一部紹介します。




























就活のバイブルともいわれるこのマニュアルです。
        

       

就活の圧倒的なノウハウ!トップMBA式就職内定術(面接マニュアルつき)




就活の圧倒的なノウハウ!トップMBA式就職内定術



















歩いて健康的なダイエット